• ¥ 648
  • SOLD OUT
  • DOOOMBOYS presents [ABRACADABRA] DOOOMBOYSが渋谷LOUNGE NEOにて不定期に開催する大人のパーティー

  • ¥ 2,700
  • SOLD OUT
  • BLACK-MOB-ADDICT X WENOD X RAH Mサイズ : 着丈(cm)69 身幅(cm)52 袖丈(cm)20 Lサイズ : 着丈(cm)73 身幅(cm)55 袖丈(cm)22 8月中旬発売

  • ¥ 1,620
  • 「音って言うのは聞く場所や環境、マインドや感情、それにアレの具合で聞こえ方が変わってくるもんだろ?」 そこでひとつ閃いたんだ。 前から書き溜めてたストーリーを書き出しそれに音を合わす、いわばB級小説のサンドトラック・ミックスってやつを。 BLUE BERRYに引き続き第二話のストリートノベル・サウンドトラックミックスを飾るのはDOOOMBOYSやWRENCH、BERSERKERなどで活躍する日本ドラマー界の異端児・MUROCHINが登場!! このノンフィクションとフィクションが交差する物語には欠かせない男なのは間違いない。なぜなら、夜の住人である彼の周りでも起こりうる事が書かれているからさ。パンク・ハードコア・ダブステップの世界を渡り歩いてきた彼ならではの世界観はこのミックスを聴いた者だけの特権。 さて、このストリートノベルがどの様に音色鮮やかに飾られたのか。ご清聴あれ! MUROCHIN (WRENCH / BERSERKER / DOOOMBOYS) ABNORMALS・COCOBAT・DESERTをはじめ90年代に大きなムーヴメントを巻き起こした日本パンク・ハードコアシーンの中心部に位置する数多くのバンドを渡り歩き、2003年にはWRENCHに加入、 そして近年ではGOTH-TRADとのデュオ「BERSERKER」やDJ BAKU HYBRID DHARMA BAND、ASSFORTのDr.MASATO氏とのユニットVICTIM 2など数々のバンド・ユニットで活動を続ける最中、2013年BABAとのユニットDOOOMBOYSを始動。ソロとしても数々のアーティストとのセッション・ジョイントLIVEも積極的に行い、バンド・クラブシーンの垣根を縦横無尽に横断しながら「ドラム」という言葉の既成概念すらも覆すかの如くその可能性を追求し続ける日本ドラマー界の異端児 2014年 8月10日発売

  • ¥ 3,000
  • SOLD OUT
  • <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< サイズ S M L XL 着丈 66 69 72 74 身幅 47 50 53 56 裄丈 40.5 42.5 44.5 46.5

  • ¥ 2,700
  • DOOOMBOYS TOTE BAG HAND PRINT

  • ¥ 2,700
  • DOOOMBOYS TOTE BAG HAND PRINT

  • ¥ 1,620
  • 前代未聞のストリートノベル・サウンドトラックミックス!! 「音って言うのは聞く場所や環境、マインドや感情、それにアレの具 合で聞こえ方が変わってくるもんだろ?」 そこでひとつ閃いたんだ。 前から書き溜めてたストーリーを書き出しそれに音を合わす、いわば B 級小説のサンドトラック・ミックスってやつを。 ノンフィクションとフィクションが交差する物語。現実と想像の世界。 ストリートに生きる者には誰にでも起こりうる、病みと闇、光と影、 金とドラッグとサウンドが支配する日常。 犯罪者を更生させるはずの刑務所だが、その中に入った者の大半は改 心なんてのは皆無さ。それどころか、さらに凶暴に、そして知恵を付 けて生まれ変わるってもんさ。犯罪はビジネスだ。 ある組織にハメられた主人公モブ。自分をハメた奴らに復讐計画を企 て全財産を取り戻すし、奴らを消し去る。 すべては計画どうり順調なはずが・・・・ ストリートに生きる者たちのタフでラフなストーリー。 その文章に流れるサンドトラック・ミックス!!

  • ¥ 1,890
  • 東京って街は、日本って国は実に狂っている。 都合の悪い真実は嫌悪されただただ蔓延していく「嘘」 嘘を強固なものとする為に繰り返される「捏造」 嘘を受け入れさせる為に巧妙に行われる「洗脳」 そんなの日常茶飯事だって事くらい誰だってわかっている? じゃあ日々当たり前のようにお前が口にする「常識」だとか「まとも」だとかってのは一体なんだ? それはつまり今じゃ嘘は真実より確かなものになっちまったって事だ。 最近じゃそんな真実と嘘が生み出した軋轢の隙間からストリートには遂に黒煙が出現したってもっぱらの噂になってる。 それを目撃した奴らが話すその実態は様々だ。 「ドス黒くてでっかい漆黒の煙だった」とか「見た事のない真っ黒くてでかい生き物だった」とか「真っ黒い煙の中でギラつく無数の目を見た」とか。 だが決まって全員が最後に言うのはこれだ。 「飲み込まれちまった」 今も黒煙は常に目撃した者を大きく吸い込んでは飲み込み続け、日増しに巨大な姿へと進化を遂げる共に、更なる黒煙を生み出し続けている。 信じられないって思うならその目でしっかり目撃しに行く事だ。 その黒煙は目に見える真実として、耳から体を揺さぶる音として、確実に存在している。その名は「DOOOMBOYS」という。 東京って街は、日本って国は実に狂っている。 今じゃ嘘は真実より確かなものになっちまっている。 しかし、ストリートじゃそれは通用しない。 これだけはしっかり覚えておいた方がいい

  • ¥ 1,620
  • 車のライセンスの再取得を試みる。 『コンクリートジャングルが住まいなら 少しのあいだ離れてみてもいいんじゃないか?』 愛車のCamaro で流れるClassic な曲と ウーファーで揺れる134 号線海岸通りを走る 黒肌の光るビキニ  モヒートのラムの薫り 肌がジリジリと照らされては汗ばむ日差し 何度も繰り返し白波を立たせる ジョイントを燻らせ息子と戯れる 眠りとまどろみから目覚め至福の時が訪れる 突然のスコールは自然の恵みさ 熱されたアスファルトを濡らす そんな時は立ち止まって考えてみる 忙しさから見失ったものは何か 知るということは素晴らしいことさ 太陽が反射する まるでジャメイカ産 日々の忙しさは このMIX で全て溶けてしまえばいい そんな気分さ

  • ¥ 1,620
  • DIG の衝動に駆られ、当時の匂いと記憶の旅に出る。 データになったって90 年代の色あせないHIP HOP は再現される。 奴等は決して裏切らない 俺のファンデーションさ 時代は廻り、新旧のMIX。 サンプリングからサンプリングへ XS で走る国道1 号線から134 号線。 I PHONE から流れるOTO はこんな感じ デイールはすぐそこにある 夕暮れの海岸線 潮風を浴びる cash rules everything around me, “C.R.E.A.M” いつだって誰かが狙ってる “C.R.E.A.M” get the money